金澤まごころ普請

【金澤まごころ普請】
金沢まごころ普請とは、金沢区をこよなく愛する人達への支援の呼びかけです。
私たちが生活する金沢区には様々な困り事が存在します。

解決には行政が主導でやるべきものもありますが、行政(横浜市、神奈川県、国)の予算には限界があり、解決までに時間を要する場合もままあります。
広く平等に資金・労力の提供をお願いする事で、金沢区の社会基盤を自分らの力で維持していく事を目的としています。

富岡(横浜市金沢区)から世界へ羽ばたく パラ馬術(GradeⅢ)稲葉将選手へ、新しい馬を!

詳細を見る

令和元年 9 月の台風被害で破損した瀬戸神社・琵琶島護岸修復工事に100 万円かかります

詳細を見る

稲葉将選手の新しい馬プロジェクト

8月31日(火)現在、皆様からのご支援は257,000円(18件)です。

東京パラリンピック馬術日本代表として出場した稲葉将選手。この団体戦では得点率の壁である70%を突破しています。自己ベストの更新のみならず日本人歴代トップスコアで、日本パラ馬術会の歴史を塗り替える偉業を達成しました。

1日も早く新しいパートナーの馬を迎えられるよう、引き続きご支援をお願い申し上げます。

プロジェクトの記録はこちら

瀬戸神社・琵琶島護岸修復プロジェクト【経過報告】

8月31日(火)現在、皆様からのご支援は361,000円(55件)となりました。

琵琶島はむかしから「金澤八景」の景観の中心的存在です。この景観維持のため、引き続き工事費の募財を皆様方にご協力お願いしたく存じます。
護岸修復工事は、6月23日に安全祈願を行い、河本開発工業株式会社のご協力で終了しました。ぜひ、修復が完成した琵琶島へもお参りください。

修復工事の記録はこちら
たくさんの「お互いさま」にまごころをこめて
金沢まごころの会
少子高齢化が急速に進行し、金沢区でも高齢化率が高くなっています。
そこで、介護保険サービスや子育て支援等がありますが、こうした福祉、支援には隙間が発生し、心と心が通い合うぬくもりのある支援サービスが不可欠になっています。
その一方で、高齢期を健康で心豊かに暮らしていく為に、それまでの人生で培った豊かな知識や経験を活かし、地域との関わりを拡げながら活動したいと思っている人たちもいらっしゃいます。
金沢まごころの会は、「お互いさま」の精神に基づく活動の中に、喜びや生きがいを見出していきます。
「できる人が できる時に できる事をする!」
という精神のもと、金沢区の皆様が安心して暮らせる社会を目指します。